HOME >> スタイルシート > 特定の箇所だけに適用する

point 特定の箇所だけに適用する

<タグ名 style="プロパティ:値">

タグのstyle属性を使って、それぞれのタグに直接スタイルを設定します。このスタイルの指定方法のことを、インラインでスタイルを指定するともいいます。
HTMLでタグを記入するのと同じように、タグにstyle属性を記入し、属性値にプロパティ:値を指定します。
例えば、特定のレベル1の見出し(H1)の文字色を赤色にする場合は、
<H1 style="color:red">のように記述します。
なお、セミコロンを使って宣言部(プロパティ:値)を区切れば、複数のスタイルを設定することが出来ます。

この方法は、ページの特定の箇所に、特別にスタイルを設定する場合に使うようにしましょう。 また、インラインでスタイルの設定をする場合は、HEAD間にMETAタグを使って、使われているスタイルシートの言語指定をしなければいけません。
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">のように記述します。

サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)

H1の文字色は、オレンジ色です

H2の文字色は、赤色です。

段落の文字の大きさは、20ptです。

ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>基本的な設定</TITLE>
<META http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
</HEAD>
<BODY>
<H1 style="color:orange;">H1の文字色は、オレンジ色です</H1>
<H2 style="color:red;">H2の文字色は、赤色です。</H2>
<P style="font-size:20pt;">段落の文字の大きさは、20ptです。</P>
</BODY>
</HTML> 

スタイルシートの優先順位

スタイルシートの適用方法は今まで説明してきたように三種類ありますが、これらはの適用は同時に組み合わせて使うことが出来ます。
その際に、もし同じ設定がされた場合は、インラインでタグに直接スタイルを指定した場合が最も優先され、次に<HEAD>〜</HEAD>間に<STYLE>タグを使って設定した場合、最後にスタイルシートファイルでの設定という優先順位になります。
Copyright ©2001〜2011 まさぼ〜 All Right Reserved