HOME >> スタイルシート > 文字を太字にする

point 文字を太字にする

font-weight:
指定できる値
キーワード
normal   普通
bold 太字
bolder 相対的に文字を太くする
lighter 相対的に文字を細くする
100から900までの100単位の数値
文字の太さを指定するには、font-weightプロパティを使います。
基本的には、値にboldを指定すれば太字になりますが、これ以外にbolderを指定することで相対的に文字を太くしたり、lighterを指定することで相対的に文字を細くすることも出来ます。
しかし、親要素の文字の太さによっては太さが変わらない場合もあります。

それと、100から900までの100単位の数値で太さを指定することも出来ます。普通の状態の時normalが400と同じ太さで、boldが700と同じ太さになります。
この指定方法は、100から900までの100単位で指定するということなので9通りの太さが指定出来そうですが、実際はフォント(文字の種類)によっても違いますが、だいたい2〜4パターンぐらいしか太さを指定できません。
また、対応する数値がフォント(文字の種類)によって違います。

このように、文字の太さを変える値の指定方法はいろいろありますが、とりあえずは、boldを使えばいいでしょう。

サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
normalです

boldです

bolderです

lighterです

400です

700です

ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
<STYLE type="text/css">
<!--
.test1	{ font-weight:normal; }
.test2	{ font-weight:bold;   }
.test3	{ font-weight:bolder; }
.test4	{ font-weight:lighter;}
.test5	{ font-weight:400;    }
.test6	{ font-weight:700;    }
-->
</STYLE>
</HEAD>
<BODY>
<P class="test1">normalです</P>
<P class="test2">boldです</P>
<P class="test3">bolderです</P>
<P class="test4">lighterです</P>
<P class="test5">400です</P>
<P class="test6">700です</P>
</BODY>
</HTML> 
Copyright ©2001〜2011 まさぼ〜 All Right Reserved