point HTMLの書き方 その1

メモ帳などのテキストエディタを開く

HTML文書を作成するためにメモ帳などのテキストエディタを開きます。Macを使っている人はSimple Textを開いてみて下さい。

メモ帳を開く方法はいろいろありますが、画面左下にあるスタートメニューをクリックし、プログラム→アクセサリ→メモ帳の順に選んでいけばメモ帳が開きます。

メモ帳にHTMLを入力してみる

メモ帳に下記の文章を入力して見ましょう。タグは大文字小文字どちらでもいいですが、必ず半角で記入しましょう。タイトル部分の〜〜〜には自分の名前などを入れて下さい。

無題 - メモ帳
ファイル(F)編集(E)検索(S)ヘルプ(H)
<html>
<head>
<title>〜〜〜のホームページ</title>
</head>
<body>
ホームページが出来ました。
自分のホームページが世界中の人に見られる日も近いかな?
</body>
</html>

入力した文書を保存する

では、先ほど入力したHTML文書を保存してみましょう。ツールバーのファイルをクリックし、「 名前を付けて保存 」を選択します。

そうすると名前を付けて保存ダイアログボックスが開くので、まずファイルの種類を「テキスト文書」から「すべてのファイル(*.*)」に変更します。

ファイル名のつけ方ですが、ファイル名に使える文字は半角の英数字(A〜Z,a〜z,0〜9)と、 - (ハイフン) _ (アンダーバー).(ドット)のみです。全角の英数字や日本語、それと@%「」などの記号も使ってはいけません。

NGのファイル名 写真.html NECO.html(半角はNECO) udon suki.html

好きなファイル名をつけたら、その後ろに.(ドット)を記入し続けてHTML文書の拡張子、「htm」か「html」を付けて保存のボタンを押します。これで「ファイル名.html」のHTML文書が、任意の場所に保存されます。

メモ帳の説明1

メモ帳の説明2

それと、TOPページのファイル名は「 index.html 」か「 index.htm 」に指定することが一般的です。 そうすれば、アドレスを指定するときにファイル名まで指定しなくても、自動的にindex.htmlやindex.htmのページが表示されます。

僕のサイトで説明すると、TOPページはindex.htmにしているので「http://masaboo.cside.com/」のようにファイル名を省略した場合、TOPページであるindex.htmが表示されるということです。

もし、TOPページを「 hajime.htm 」にした場合は、「http://masaboo.cside.com/hajime.htm
というようにファイル名を省略できません。

入力した文書をブラウザに表示する

ブラウザを起動させる方法はいろいろありますが、ここでは先ほど作成したHTML文書(HTMLファイル)をダブルクリックします。 タイトルに「〜〜〜のホームページ」、画面上に下記のように「ホームページが〜」と表示されましたか? 表示されていれば初めてのホームページの出来上がりです。

もし正しく表示されなかった場合は、タグを正しく半角英数字で記入しているか、タグのスペルは間違っていないか、などをチェックしてみて下さいね。

それと、もしブラウザが起動せずメモ帳が起動した場合は、拡張子を間違えていないか等をチェックしてみて下さい。

オイラのホームページ - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
ホームページが出来ました。自分のホームページが世界中の人に見られる日も近いかな?
スポンサード・リンク