HOME >> HTML > テーブル(表)の基本

point テーブル(表)の基本

<TABLE>〜</TABLE> <TR>〜</TR> <TD>〜</TD>
テーブル(表)を作成するには、まずテーブルの始まりを指定する<TABLE>タグを記入し、テーブルの終わりを指定する</TABLE>を記入して、テーブル全体を<TABLE>〜</TABLE>で囲みます。この範囲内が1つのテーブルになります。そして、この中に一行を指定する<TR>タグや、セル(1マス)を指定する<TD>タグなどの、テーブルを形成するタグを記入していきます。
ようするに、<TR>〜</TR>の範囲内が一行になり、その中に必要なセルの数分<TD>〜</TD>を記入します。例えば一行で2つのセルのテーブルを作るには次のように記入します。

<TABLE>
<TR> <TD>1つ目のセル</TD> <TD>二つ目のセル</TD> </TR>
</TABLE>

何となくテーブルのことがわかってきましたか? このテーブル、単に表を作るだけでなくページのレイアウトのためによく使われています。凝ったデザインのサイトさんのソースを見てみると、テーブル関係のタグがたくさん書かれていると思います。 このテーブルを使いこなすのは、はっきりいって難しいですが、最初は簡単なテーブルを作成し、徐々に複雑なテーブルを作れるようになりましょうね。

テーブルの説明図説明
 <TABLE>  
<TR><TD>●1</TD><TD>●2</TD></TR>
<TR><TD>◎1</TD><TD>◎2</TD></TR>
<TR><TD>■1</TD><TD>■2</TD></TR>
 </TABLE>  
1.表の始まりに<TABLE>を記入
2.一行を指定する<TR>を記入
3.セルの始まりを指定する<TD>を記入
4.データを記入
5.セルの終わりを指定する</TD>を記入
  ★3〜5を必要なセル数分、繰り返す
6.一行の終わりを指定する</TR>を記入
  ★2〜6を必要な行数分、繰り返す
7.表の終わりに</TABLE>を記入する
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
●1●2
◎1◎2
■1■2
ソース
<TABLE border="1">
<TR><TD>●1</TD><td>●2</td></TR>
<TR><TD>◎1</TD><td>◎2</td></TR>
<TR><TD>■1</TD><td>■2</td></TR>
</TABLE>
スポンサード・リンク
Copyright ©2001〜2016 まさぼ〜 All Right Reserved