HOME >> HTML > ソースにコメントをつける

point ソースにコメントをつける

<!-- コメント文 -->
ソースにコメントを入れることが出来ます。コメントの前に<!--を、コメントの終わりに-->を記入します。この範囲の中のコメントはブラウザには表示されません。

この使い方は、複雑なHTMLを記入した場合、どの箇所が何を表示するのかなどを<!--〜-->の中にコメントしておくことで、作成中の時や更新作業の時にソースの内容がわかりやすくなります。
また、文章をコメントとして画面上に表示させないだけではなく、タグも文章と同じように画面上に表示させないことが出来ます。特定の場所のソースを表示しなければレイアウトはどうなるとかをテストしたり、TOPページを更新する時にアクセスカウンターをつけていれば、ブラウザの更新ボタンをを押すたびにインターネットに接続しようとしますが、アクセスカウンターを表示している<IMG src="count.cgi?count">などをこのタグで囲めばアクセスカウンターは表示されなくなり、接続もされなくなります。

それと、JavaScriptやスタイルシートを記入する場合、これらに対応していないブラウザにJavaScriptのプログラムや、スタイルシートの設定内容が画面に表示されないようにするために使われたりします。

サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)

12月31日

今年もあっという間に終わりです。

ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
<!-- HEADの中にも記入できます -->
</HEAD>
<BODY>
<!-- ここから本文の始まり -->
<H2>12月31日</H2>
<P>今年もあっという間に終わりです。</P>
<!-- <P>あまりいい事なかった・・(涙 </P> -->
</BODY>
</HTML>
スポンサード・リンク
Copyright ©2001〜2016 まさぼ〜 All Right Reserved