HOME >> HTML > スクロールバーの表示を指定する

point スクロールバーの表示を指定する

<FRAME scrolling="yes、no、autoのいずれかを指定">
何も指定していない場合は、フレーム内の内容が収まっているときは、スクロールバーは表示されず、内容が収まりきらないときはスクロールバーが表示されます。しかし、scrolling属性を使えばこれ以外の表示方法を指定できます。
scrolling="yes"のように値に「yes」を指定すれば、内容が収まっている場合でもスクロールバーが表示されます。scrolling="no"と指定すれば内容が収まらない場合でも、スクロールバーは表示されなくなります。値に「auto」を指定すれば、この属性を指定しない場合と同じようにスクロールバーが表示されます。
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
<HEAD>
<FRAMESET cols="20%,80%">
<FRAME src="menu.htm" scrolling="yes" >
<FRAME src="main.htm">
</FRAMESET>
</HTML>
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
<HEAD>
<FRAMESET cols="20%,80%">
<FRAME src="menu.htm" scrolling="no">
<FRAME src="main.htm">
</FRAMESET>
</HTML>
スポンサード・リンク
Copyright ©2001〜2016 まさぼ〜 All Right Reserved