HOME >> HTML > アルファベットなどのリスト

point アルファベットなどのリスト

<OL TYPE="a,A,1,i,Iのいずれか1つ"><LI>〜</LI></OL>
記号や数字のリスト以外に、アルファベットやローマ数字などを使ってリストを作ることも出来ます。数字のリストを作る場合には<OL>タグを使いましたが、このタグにtype属性をつけて、値にAやIを指定します。また、<LI>タグに指定すれば、その項目だけをアルファベットなどに変えることが出来ます。
それぞれの値を指定した場合の表示例
type="A"A,B,C,D,E・・・
type="a"a,b,c,d,e・・・
type=""T,U,V,W,X・・・
type="i"@,A,B,C,D・・・
type="1"1,2,3,4,5・・・
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
type="A"の場合
  1. HIP-HOP
  2. HOUSE
  3. TECHNO
  4. JAZZ
type="I"の場合
  • ギター
  • ベース
  • ドラム
  • キーボード
ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
</HEAD>
<BODY >
type="A"の場合
<OL type="A">
<LI>HIP-HOP</LI>
<LI>HOUSE</LI>
<LI>TECHNO</LI>
<LI>JAZZ</LI>
</OL>
type="I"の場合
<OL type="I">
<LI>ギター</LI>
<LI>ベース</LI>
<LI>ドラム</LI>
<LI>キーボード</LI>
</OL>
</BODY>
</HTML>
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
  1. ここは何も指定なし
  2. type="A"を指定
  3. type="a"を指定
  4. type="I"を指定
  5. type="i"を指定
  6. type="1"を指定
ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<OL>
<LI>ここは何も指定なし</LI>
<LI type="A">type="A"を指定</LI>
<LI type="a">type="a"を指定</LI>
<LI type="I">type="I"を指定</LI>
<LI type="i">type="i"を指定</LI>
<LI type="1">type="1"を指定</LI>
</OL>
</BODY>
</HTML>
スポンサード・リンク
Copyright ©2001〜2016 まさぼ〜 All Right Reserved