HOME >> HTML > データの送信先などの指定

point データの送信先などの指定

<FORM action="送信先" method="送信方法" enctype="送信形式">
フォームに記入されたデータをCGIなどに送るには、<FORM>タグにデータの送信先や送信方法、送信形式などを指定します。
属性の種類と説明

action

action属性で送信ボタンが押された時にデータを送るURLを指定します。CGIのURL(http://masaboo.cside.com/mail.cgi)や、メールアドレスの前にmailto:をつけたもの(mailto:masa×××.com)を記入します。

method

method属性はデータの送信方法を指定します。値にはget、postが指定でき、何も指定しない場合はgetになります。この二つの違いですが、getは少ないデータを送信する場合に、postはたくさんのデータを送信する場合に使います。

enctype

enctype属性は、method属性でpostを指定した場合のデータ送信形式を指定します。 「application/x-www-form-urlencoded 」、「text/plain」、「multipart/form-data」の3種類が指定できます。何も指定しない場合はapplication/x-www-form-urlencodedになりますが、この形式で送信した場合、内容が英数字と%に変換されるので、読むには日本語に変換するソフトが必要です。
次にtext/plainですが、この値を指定すれば内容が変換されないで送信されます。メールでフォームの送信をする場合は、enctype="text/plain"とします。
最後に、multipart/form-dataですが、ファイル参照のフォームを作る場合はこれを指定します。
ソース
<FORM action="mail/mail.cgi" method="post" enctype="multipart/form-data">

省略

</FORM>
スポンサード・リンク
Copyright ©2001〜2016 まさぼ〜 All Right Reserved