HOME >> スタイルシート > カーソルを指定する

point カーソルを指定する

cursor:
指定できる値
キーワードで指定
crosshair move wait help text hand nw-resize n-resize ne-resize
w-resize e-resizes-resize sw-resize se-resize default auto
カーソルは通常矢印になっていますが、cursorプロパティを使えば任意のカーソルに変更することが出来ます。
値には、crosshairse-resizeなどカーソルの種類を指定します。このページには、BODY { cursor:crosshair }というように、ページ全体のカーソルをcrosshairで指定しています。
ページ全体のカーソルだけではなく、リンク上の文字にカーソルが重なった時や、段落の文字の上にカーソルが重なった時なども、カーソルの種類を変えることが出来ます。
カーソルの表示例は、上に記入してあるそれぞれ値にカーソルを合わせると、その値を指定した場合のカーソルになりますので参考にして下さい。このプロパティも、Netscape Navivator4.7では動作しません。
サンプル - Microsoft Internet Explorer
ホーム(H)メニュー(M)戻る(B)進む(N)
helpです
ソース
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>サンプル</TITLE>
<STYLE type="text/css">
<!--
BODY   { font-size:40pt;
         cursor:crosshair ; }
-->
</STYLE>
</HEAD>
<BODY>
<SPAN style="cursor:help;">helpです</SPAN>
</BODY>
</HTML> 
Copyright ©2001〜2011 まさぼ〜 All Right Reserved